出産準備・入院する時はパジャマは何枚必要?

出産入院中のパジャマはどうする?アイキャッチ画像妊娠・出産・育児

出産準備として、まずママの必要な衣類等から準備しましょうと妊娠中の服はどこで買う?マタニティ服は必要?にてご紹介しましたが、出産時に入院する時のパジャマについてもご紹介していきたいと思います。

出産入院時に必要なパジャマの枚数は?

まず、入院中の必要なパジャマの枚数についてですが、入院日数やまわりの環境によって異なりますが、

おおよそ2~3枚あればOKです。

入院期間は産婦人科によって異なるのですが、普通分娩かつ正常分娩の場合はおおよそ出産して5日~7日程度の入院が多いと思います。なので、5日であれば2枚で十分です。

また、7日であっても、ご主人やご両親が一度荷物を持ち帰って洗濯してくれるのであれば2枚で良いかと思います。ただ、7日で自分以外の人が荷物を持ち帰ってくれる環境が無い場合は、3枚あった方が良いですね。

もしくは、パジャマのシャツの方は2枚だけでズボンを3枚。出産時の出血などで、寝ている時に汚れてしまう場合もあるので、ズボンを多めに持ってくるのはいいかと思います◎ズボンだけパジャマとは別でジャージやスエット等でも代用できます!

 

パジャマはどんなものを選ぶと良い?

パジャマのカタチですが、これも産院によって指定があったり自由だったりするのですが、

前空き(ボタンかファスナー)のパジャマ

パジャマのシャツは長め

のものがいいです。

  • 前空きなのは、出産時に助産師さんが開けやすく、かつ産後の授乳時に開けやすいからです。
  • 長めが良いのはお腹が大きいので丈が長い方が良いというのもありますが、出産後に分娩室からベッドのある部屋までストレッチャー等で運んでもらう時にズボンははかないので長めのパジャマで隠すためです。

【補足】私の産院では、すそよけ(大判バスタオルで代用可)の準備もするよう言われました。すそよけ(またはバスタオル)で腰まわりを巻いて、そしてパジャマ(上)を着ることでパジャマを汚さないようにもしてくださいましたよ◎

犬印本舗 すそよけ(裾除)分娩時の腰巻

 

出産入院時にも使える☆おすすめのパジャマ5選

実際に、どんなパジャマがいいかお考えの方や、探している方におすすめのパジャマをご紹介☆

 

シンプルで使いやすいデザインなら↓

ママの声から生まれたカットソー衿付パジャマ

 

 

↓ズボン無し、長めのワンピースタイプなら↓

授乳口付 スムース先染めボーダーネグリジェ

 

 

Wガーゼで優しい着心地のオシャレなパジャマなら↓

授乳しやすい WガーゼVネック前開きワンピース&産後も使えるレギンスセットパジャマ

 

 

サテン素材で少し優雅なデザインのパジャマなら↓

授乳サテンロング丈マタニティパジャマSET

 

 

出産後にかなり使える!お風呂上がりにさっと着られるパジャマなら↓

ボーダーバスローブチュニック ルームウェア

 

いかがでしたか?パジャマといっても色んなデザインや素材がありますね。

出産後はなかなか外に出る機会も無く、夜の睡眠時間も少ないので日中もパジャマで過ごすことが多くなると思いますので、お気に入りのパジャマで少しでも楽に、着心地の良いものを選びたいですね◎

 

 

まとめ

  • 出産時の入院中に必要なパジャマは2~3枚。
  • そのうち1枚はパジャマのシャツが長め+前空きのもの、もう1~2枚は授乳しやすいパジャマ(授乳用のスリットがあるか前空きのもの)が良い。
  • パジャマはカタチや素材、デザインなど自分にあったものを探そう。
  • 妊娠中から産後まで長くきられるようなパジャマが経済的!
タイトルとURLをコピーしました